MENU

50代女性が育毛剤を選ぶ際に重視すべき成分

更年期を迎える50代女性は抜け毛が多くなってしまうので、少しでも早く対策をしたいですよね。なぜなら抜け毛が増えてしまうと薄毛の原因となってしまい、自分の女性の魅力を保てなくなってしまうからです。

 

そして50歳女性の更年期による抜け毛の対策として育毛剤を使用するのがいいでしょう。育毛剤には育毛や発毛を促す成分が多く含まれているので、抜け毛を抑えてくれる効果があるからです。ただ育毛剤にはいろいろな種類があり、入っている成分もそれぞれ違います。そこで50代女性が育毛剤を選ぶ際にどのような成分が含まれているのかを重視すればいいのでしょうか?

 

女性ホルモン減少抑制効果のある成分が含まれているかを基準にしましょう

 

50代女性の抜け毛の主な原因は女性ホルモンが減少することによって起こるホルモンバランスの乱れです。そのため抜け毛や薄毛対策のために使用する育毛剤も女性ホルモン減少抑制効果のある成分が含まれているかを基準にして選択するといいでしょう。

 

そこで女性ホルモン減少抑制効果が期待できる成分としてDERMEDの女性用育毛剤に含まれているCTPという成分です。これは毛根にある髪の毛の成長を促す毛母細胞に刺激を与えるBMPの生産量を増加させる働きがあります。そのためCTPを添加するとBMPが多く生産されることになります。それによって毛母細胞が活性化されて、育毛効果を発揮し、抜け毛や薄毛の予防につながります。

 

またCTPは育毛効果があるだけでなく、髪の毛の成長力も高まり、太くてしっかりした毛を育ててくれます。

 

 

50代女性の主な抜け毛原因

女性は年齢が50代になると若い時期に比べて抜け毛が目立つようになりますよね。お風呂に入って髪の毛を洗う時や朝起きた時など以前より抜ける髪の毛が多いと感じる人も少ないないでしょう。

 

なぜ女性は50代になると髪の毛が抜けやすくなってしまうのかというと年齢を重ねることによって体にいろいろな変化が生じてしまい、それが抜け毛の原因となってしまうからです。そこで50代女性の主な抜け毛の原因としてどのようなことがあげられるのかというと女性ホルモンバランスの乱れ、血行不良による病気、ストレスや体調不良などです。

 

女性ホルモンバランスの乱れ

女性は30代後半から40歳くらいの年齢を迎えると急に女性ホルモンの数が減ってしまいます。そのためこれまで保っていた女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことになります。女性ホルモンは女性らしさを出す働きがあるので、綺麗でしっかりした髪の毛が生えてくるようにする効果があります。しかしこれが減少してホルモンバランスが崩れてしまうと髪の毛が生えてくるようにする機能が低下して、抜け毛が多くなってしまいます。

 

血行不良による病気

年齢を重ねることによって血行不良による病気をしやすくなり、例えば狭心症、動脈硬化、高血圧などが代表例です。そして血行の善し悪しが髪の毛の成長具合に大きな影響を及ぼすので、これらの病気になってしまうと頭皮の血行も悪くなり、髪の毛にしっかり栄養が行き届かなくなって髪の毛が抜けやすくなります。

 

ストレスや体調不良

50代女性は更年期を迎えることになるので、体のいろいろな部分に障害が出てきてしまいます。それによってストレスを抱えてしまったり、体調不良になってしまうことになります。そしてストレスや体調不良が続くと髪の毛がしっかり成長しなくなってしまい、抜け毛の増加につながります。